アンティークな注文住宅の防火対策

アンティークな注文住宅の防火対策

アンティークな注文住宅の防火対策 アンティークな見た目の注文住宅を設計することもできますが、建物の防火対策をしておくことが重要となります。
特に建物全体の装飾品などは燃えやすい素材のものなどもあるので、建物の躯体が燃えてしまうことが無いように下地などをしっかりとしたものにすることが必要です。
アンティーク調の注文住宅の設計に慣れている工務店や設計事務所であれば、建築基準法に基づいた防火基準の設計をきちんとしてくれるので安心して任せることが出来るでしょう。外装材料なども燃えにくい材料にすることが求められるので、見た目を重視するのも良いですが、設計者の意見をしっかりと聞いて、必要な火災予防に関する配慮は行うことが重要となります。細かい仕様を設計者に伝える際には、プロだからと言ってすべてまかせっきりにするのではなく、打ち合わせ後の議事録や、設計の仕様書などもきちんと確認して、想いが反映されてることを自分自身の目で確かめることが失敗しないためには重要です。

注文住宅をアンティーク調に

注文住宅をアンティーク調に 注文住宅は建売の住宅と違い建て主の個性が発揮できる住宅で個性豊かな住宅が注目を集めていますすが、その中でアンティーク風の建物に人気が有り昔作られた住宅をそのまま移築する場合と、現在の工法で建てる場合があります。
古い住宅を移築して外装、内装を修繕して住む場合は昔ながらの原材料で建築されていますが、建物自体に安全性が求められ防火については消防法でも決められていますので、古い住宅を移築して改修した場合には最寄りの消防署の検査や火災探知を付けることは必須と言って良いでしょう。アンティーク風の注文住宅を新築する場合には、工事を行う建築会社は燃焼しにくい素材で外壁や内装を作るのであまり気にする必要は有りません。移築した注文住宅には、燃え易い材料で建てられていることも有るので、建築するときに必要な材料に変更することや断熱材などを使用することになりますが、外観を変えずに行うことも出来ますので、会社と相談して防火の安全に配慮された住宅にすることが必要です。